前へ
次へ

弁護士バッチの意匠について

弁護士バッチを遠くから見ると、菊の花のような感じに見えます。しかし、実は菊の花ではなくひまわりの花を

more

弁護士バッチとはどのようなものか

弁護士バッチは、弁護士としての身分を証明するバッチです。司法試験に合格した後で、一定の期間司法修習を

more

弁護士バッチの取り扱いについて

弁護士バッチは、弁護士としての身分を証明するという、非常に重い意味を持つものです。ですから、廃業によ

more

弁護士費用を用意すること

弁護士に相談をしたいことがあったとしても、費用がかかりすぎてしまうという不安があります。最近では費用をカバーすることが出来る保険もあります。例えば自動車保険の特約として付帯をすることが出来る場合もあるので、自動車関連のトラブルに巻き込まれ、弁護士に依頼をすることになった場合には、特約でカバーをすることが出来るようになっているので、かなり便利です。お金の問題については、相談をする法律事務所によっても異なってくるので、事前に相談をしてみるのも良いです。最近では初回の相談料は無料となっていたり、時間で料金が決められていることもあるので、利用しやすい環境になっています。事前にウェブサイトでチェックをすることも可能です。

大阪の中小企業診断士事務所
事業の再興私たち専門スタッフがいるフラッグシップ経営にご依頼くださいませ

助成金や奨励金のご案内もしています
経営する法人に適用される助成金の案内や手続きの代行をいたします。

名義預金に関するトラブルの際はご相談ください
相続の際に問題となる名義預金に関するトラブルへも適切に対処します。

スムーズに法人が稼働できるよう書類作成もサポート!
面倒な手続きプロにおまかせください

助成金の相談や節税のアドバイスにも乗ってくれます
公的補助や経営上有利になる節税についてもアドバイスが受けられます。

弁護士会に所属するのは義務

日本で弁護士として活動するには、弁護士会に所属する必要があります。諸外国のルールはよく分かりませんが、日本の場合、この制度により地方裁判所の管轄区域ごとに各弁護士が加盟しています。厳しい倫理上の諸条件を求められる弁護士という職業上、弁護士会に所属することで一定の歯止めになっていると指摘されています。同時に加盟している日本弁護士連合会、いわゆる日弁連も大きな力を持つことから一人の弁護士が上層的な所属機関を持ち、日ごろの活動を行っています。何らかの法的あるいは倫理的な問題を起こした場合、所属する弁護士会から除名される場合もあります。その場合、弁護士として活動することができなくなります。それだけ、弁護士会の存在は重要なのです。

Page Top